牧阿佐美バレヱ団 2018年8月公演「ASUKA」


 
撮影・編集:O.S.アーツプロダクション株式会社 小笠原英樹

 

飛鳥 ASUKA

 
最新の映像技術を取り入れたスケールの大きな舞台が話題を呼んでいる「飛鳥 ASUKA」。 2016年に誕生した新しい日本の全幕バレエは、翌2017年に富山・オーバードホールで上演、今年8月には再び、東京・新国立劇場での上演が実現します。

 

 

日時:2018年 8月 25日(土)15:00開演
 
8月 26日(日)15:00開演 

 
会場:新国立劇場オペラパレス
 
チケット料金(税込・全席指定):
S席14,000円 A席12,000円 B席8,000円 C席6,000円 D席3,000円 (未就学児の入場不可)
 
チケット発売日:
一般発売開始:5月24日(木)10:00~
※バレヱ団メール会員先行:5月18日(金)10:00~ (バレヱ団オフィシャルサイトからの申込のみ)

 

チケット取扱:
牧阿佐美バレヱ団オフィシャルチケット、 チケットぴあ、イープラス、楽天チケット、バレヱ団事務局
直接のチケットご購入はこちらから>>牧阿佐美バレエ団オフィシャルチケットサイト

 
お問合せ:
牧阿佐美バレヱ団公演事務局 Tel 03-3360-8251
(平日 10:00~18:00)

 

スヴェトラーナ・ルンキナ

 

出演者
春日野すがるおとめ
スヴェトラーナ・ルンキナ
(カナダ国立バレエ団 プリンシパル)

 

プロフィール

 

モスクワ生まれ。ボリショイ・バレエ学校を卒業し、ボリショイ・バレエ団に入団。入団1年目で『ジゼル』の主役を踊り、2005年にプリンシパル・ダンサーに昇格した。2013年、プリンシパル・ゲスト・アーティストとしてカナダ・ナショナル・バレエに参加、翌年同団のプリンシパル・ダンサーとなる。
ボリショイ・バレエでの主なレパートリーは、『ジゼル』、『アニュータ』のタイトル・ロール、『ドン・キホーテ』のキトリ、『眠れる森の美女』のオーロラ姫、『ファラオの娘』のアスピシア、『白鳥の湖』のオデット/オディール、プティ振付『ノートルダム・ド・パリ』のエスメラルダ、『スパルタクス』のフリギア、アシュトン振付『リーズの結婚』のリーズ、『くるみ割り人形』のマリー、『ラ・バヤデール』のニキヤ、『海賊』のメドーラ等。

 
メッセージ
 
親愛なる観客の皆様!
『飛鳥』は私の心の中で特別な位置を占めております。
この作品は、日本文化の精神と美をバレエ化したものと受けとめております。日本の伝説をモチーフにしたこのバレエには、激しく魂を揺さぶられました。
『飛鳥』には様々な色彩とニュアンスが込められており、それについては稽古を重ねる中で、牧阿佐美先生から懇切丁寧にご説明していただきました。 それはとても刺激的でユニークなプロセスでした。私はどんな些細なニュアンスもおろそかにしないよう努めたつもりです。牧先生が『飛鳥』で振り付けた動きの一つ一つが、表情豊かで深い意味を持っていたからです。
私自身がこの素敵なバレエの一部となって、牧阿佐美バレエ団の素晴らしいダンサーたちと再び共演し、私にとってかけがえのない春日野すがる乙女を舞台上で生きる機会を与えてくださった牧先生に心から感謝申し上げるとともに、ご信頼にお応えしたいと思います。
皆様とお会いできる日を楽しみにしております。
 
スヴェトラーナ・ルンキナ

 

ルスラン・スクヴォルツォフ

 

岩 足(いわたり)
ルスラン・スクヴォルツォフ
(ボリショイバレエ団 プリンシパル)

 

プロフィール

 
リペツク州エレツ生まれ。ボリショイ・バレエ学校を卒業し、ボリショイ・バレエ団に入団。
主なレパートリーは、『愛の伝説』のフェルハド、『白鳥の湖』のジークフリート、『ジゼル』のアルブレヒト、『ライモンダ』のジャン・ド・ブリエンヌ、『ラ・シルフィード』のジェームズ、『コッペリア』のフランツ、『海賊』のコンラッド、『ラ・バヤデール』のソロル、ほか多数。
2011年、雑誌「バレエ」のスター部門で「ソウル・オブ・ダンス」賞を授与された。

 

メッセージ

 
日本のバレエファンの皆様!
牧先生のお招きで『飛鳥』改訂版に出演する機会をいただきました。私にとってはこの上なく栄誉なことでした。私が演じた岩足は自分が愛する女性への思いを貫くために竜神との闘いに果敢に挑んでいく若者です。日本の伝説をモチーフにしたこのバレエの初演に参加することは私のような異国のダンサーにとっては得がたい経験であるとともに、重大な責任が伴うことでもありました。
『飛鳥』は色彩豊かなバレエです。日本の著名な画家絹谷幸二先生がお描きになった絵を映像化したビデオマッピングが舞台装置として使用されています。感動的な音楽に振り付けた秀麗なクラシックバレエだけでなく、日本の民族舞踊も随所に散りばめられ、多彩な舞踊シーンが展開されます。
『飛鳥』に出演することで、この舞踊作品の一部となり、とりわけ、『飛鳥』の上演史に自分の名を刻むことができて大変嬉しく思います。
観客の皆様も、この作品に出演するダンサーと同じく、劇的な感動を味わってくださるものと確信しております。
 
ルスラン・スクヴォルツォフ
 

バレエ発表会等の撮影依頼

O.S.アーツプロダクション株式会社では、バレエに特化した動画撮影、編集、DVD制作、パッケージ化までオールインワンで制作しております。
また、動画の配信サービスもスタートしました。