【コラム】代表のつぶやき


バレエ撮影現場より
 
 
おはようございます、O.S.アーツの小笠原です。
今年は近年稀に見る暖冬だったようで、暖房費が例年の6割程度で済んでおります。
 
 
今回は、今、世界的に猛威を振るっている「コロナウイルス」と、もうじき9年になる「東日本大震災」について述べていこうと思います。
 
このウイルスが原因で、少なくとも今月いっぱいは様々な催し物が中止に追い込まれております。
弊社も他人事ではなく、少なからず影響は受けてますが、ふと、あの9年前の大惨事を思い出しました。
 
 
あの時も、公演・発表会が中止になり、また未曾有の原発事故が重なり日本国自体が危機的状況に追い込まれました。
 
今回は、得体の知れないウイルスが中国武漢から発症して、全世界に拡散。
日本は、入国規制がなく、韓国と共に中国以外で感染者数が非常に多くなりました。
 
このウイルスの驚異は、感染力が強く、治療薬がない事が厄介ですが、
僕個人的には、その感染の仕方が全く理解されていない事が一番怖いところです。
 
 
このウイルスの影響で、日本経済的にも大打撃は逃れられないと思いますし、
また、弊社の分野であるバレエ業界も、主催者、劇場関係者、
そして、バレエビジネスに関わる関係者すべてが困難な状況に追い込まれるかもしれません。
 
 
僕は最近、「やはり健康が全てだな」とつくづく思うことがあります。
 
ありきたりではありますが、お金で健康は買えない…。
あらゆる高価な物や、利便性の良い機械があっても、健康と引き換えすることも、使い切ることもできない…。
全ては健康だからこその、付加的価値であり、存在意義である…、お金も物も。
 
 
いずれ、この「コロナウイルス」も、現代科学の力で、また、地球の、自然の力によって、対応することも、また、撲滅することもできると思います。
今は、大変な状況ですが、あの9年前の大惨事も日本国民は乗り越えてきました。
あの時に比べれば、乗り越えられないものではないと思います。
 
 
今は我慢
 
 
O.S.アーツプロダクション株式会社
代表:小笠原英樹

バレエ発表会等の撮影依頼

O.S.アーツプロダクション株式会社では、バレエに特化した動画撮影、編集、DVD制作、パッケージ化までオールインワンで制作しております。
また、動画の配信サービスもスタートしました。